<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=183584488688636&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

 

この度、3年目となる弊社主催イベント『Converge 2018』を開催することとなりました。アルテアエンジニアリングでは、1999年よりユーザー会『Altairテクノロジーカンファレンス』(ATC)を、2016年より意匠デザインや設計者CAEに着目した『Converge』を開催しています。本イベントでは、意匠デザインを含むモノ作りにCAE技術を取り入れる新たな設計への挑戦を共有し、弊社およびお客様同士の情報、技術交流を促すとともに、日本のモノ作りの競争力を高める一助となることを目指しています。

KOTOWA 鎌倉 鶴ヶ岡会館
>> アクセス




3 August 2018
    13:00-17:00

タイムテーブル

13:10 - 13:40

トポロジー最適化を活用したモビリティデザイン

トポロジー最適化を活用したモビリティデザイン ― 自然、生物の進化に学ぶ ―

日野自動車株式会社
デザイン部 創造デザイン室 未来プロジェクトグループ 渡邊 邦彦

労働人口の減少、都市化によるCO2排出量の増加、資源の不足などに代表される社会課題の深刻化や生活者価値観の多様化が急速に進む中、これらの難しく高度な課題を解決していくことが求められています。 ここでは複雑な条件と合理性から、デザインの果たす役割や可能性を改めて見つめ直し、自然や生物の進化が創り出す美しいカタチの裏にある不思議を、トポロジー最適化を活用して紐解き、軽量で省資源なモノづくりや、安全で快適、高効率な移動を実現するモビリティデザインに応用した先進的な取り組みについて、コンセプトモデルの事例を基に紹介する。

13:40 - 14:10

Design-the-Difference

 Altair
Chad Zamler

私達の世界には工学(エンジニアリング)に基づくものが数多くあります。私達が触れるほとんどのものがそうです。飛行機、列車、車はもとより、人工心臓など命を救う装置もそうです。しかし、すべてが同じように作られているのではなく、必ず違いが存在します。

その違い(Difference)を生む為にアルテアは活動しており、皆さんにも違いを生んでいただきたい。

14:10 - 14:20

Partner session 1

株式会社電通国際情報サービス

14:35 - 15:05

アシックスが考えるデザインxデジタルの可能性

アシックスが考えるデザイン×デジタルの可能性
〜デザイナーが3Dのアウトプットを出すことでどこまでアシックスを変えられるか〜

株式会社アシックス
オニツカタイガー統括部 オニツカタイガープロダクト部
フットウェアデザイン・カラーチーム
デザイナー 松浦 貴広 様、中尾 知世

アシックスの商品は、マーケティングリサーチから編み出されるアイディアに、デザイナーが形を与えることから始まります。コンシューマー製品のためとても短い開発期間のなかで幾度ものデザインレビュー会とモック制作を繰り返し、新商品として世に送り出すための最適な形状・素材・製法までをデザイナーが考えなくてはなりません。

限られた開発期間でデザイナーが真摯にデザインを考える時間が少なくなっているのではないか、デザイナーの頭の中にある形が周りに伝わりきらずに時間の制約の中でプロセスだけが進み、結果、本来つくるべきものが、100%で作りきれていないのではないか、そんな危機感からデザイナー自身が3Dモデルを作成できるようにする環境を目指しました。

今回3Dデザインツールを導入したことで、シューズ開発の現場に見えてきた変化と、導入を成功させるための工夫について紹介します。アシックスのオニツカタイガーという老舗ブランドだからこそのチャレンジを発表したいと考えています。

 
15:05 - 15:25

Future Industrial Design

Altair
Woohee Kim

すべての物の始まりはデザインです。つまり人間の新たな発想がデザインであり、新たな物を作り出します。

頭の中の発想が現実の形となる時、世の中にその価値を共有する事が可能になります。

発想・デザインをそのまま形にして新たな世界を作るアルテアのソリューションを紹介します。

15:25 - 15:35

Partner session 2

K’s DESIGN LAB, Inc.

15:50 - 16:20

コンクリートの造形性を活かした新たな構造デザインへの試み

三井住友建設株式会社
技術本部 技術研究所 免制震・鋼構造グループ 江頭 寛

コンクリートは造形性に優れた材料です。CAEやデジタルファブリケーションの普及により、コンクリート構造物のデザイン性は今後いっそう高まることが予想されます。ここでは、建物の骨組みの一部である梁を対象に、トポロジー最適化を取り入れた構造デザインを実施し、コンセプトモデルの試作を行いましたので紹介します。

16:20 - 16:50

Empowering Design

Altair
Pietro Bellogi

CADツールを用いる設計の目的は形状を決めることです。より良い形状は何か、この形状で本当に良いのか、設計とはものをつくる計画を立て図面によって具体的に示す中で様々な品質を高める挑戦が続きます。その設計の流れを効率的、効果的につなげて設計力を向上させるソリューションがアルテアにはあります。

16:50 - 17:00

Partner session 3

株式会社テクノソリューションズ

 

 17:00 - 懇親会(Networking)

 

お申し込み


Diamond Sponsors


nvidia

Converge Supports


協賛


isidテラバイトmLOGO+j_TNNO_C_2013_10_10ケイズデザインラボUEL

Altairについて

Altairは、製品ライフサイクル全体にわたって、シミュレーション、マシンラーニング、および最適化を適用することで、設計と意思決定に変革をもたらします。Altairの幅広いシミュレーション技術と特許取得済みのユニットベースのソフトウェアライセンスモデルは、シミュレーション主導のイノベーションを実現します。2,000人以上の従業員を擁するAltairは、米国ミシガン州トロイに本社を置き、24か国に71のオフィスを構えています。顧客は多種多様な業種にわたり、その数は5000社以上にも及んでいます。詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。

About Us