解析よもやま話 【第23回:線形か非線形か (続編)】

Posted by Ken Nakagawa on 2017/09/06 22:13:43

以前書いた「線形か非線形か」という記事の続きです。前回は静解析について記しましたが、今回は振動解析を例に挙げたいと思います。今回これを取り上げた理由は、「接触を考慮した固有振動解析はできますか?」というお問い合わせをよくお受けするからです。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話

解析よもやま話 【第22回: モヒカン】

Posted by Ken Nakagawa on 2016/08/02 19:31:32

アルテアの中川です。

皆さんはモヒカンと聞くと何を思い浮かべるでしょうか。大抵の場合、北米先住民族のあの髪型だと思います。しかし、自動車の車体開発に携わったことがある人の中には、車体のルーフ構造の方を先に思い浮かべる人もいるかもしれません。

写真は私の車ですが、最近の乗用車はほぼ例外なくルーフの外側に前後方向のモールがついています。自動車会社の人たちは、この構造をモヒカンと呼ぶのです。車体のデザインは、できるだけ各パネル間の段差や継ぎ目が目に付かないように工夫されているものですが、なぜかここだけはモールをはめ込んで継ぎ目のある状態が普通とされているのが不思議です。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話

解析よもやま話 【第21回:線形か非線形か】

Posted by Ken Nakagawa on 2016/06/19 22:50:26

今日は、アルテアの中川です。大変ご無沙汰しております。一応まだ生きておりますが、皆さんにお伝えしたいような良いネタになかなか遭遇できずに時間が過ぎてしまいました。今回は最近経験した「線形解析と非線形解析をどこで切り分けるべきか」、というテーマで記させていただきます。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話

解析よもやま話 【第20回:学生フォーミュラマシンのさらなる軽量化】

Posted by Ken Nakagawa on 2015/10/19 15:00:00

 

アルテアの中川です。

今回は学生フォーミュラの方々向けに特化した内容です。

ほんの1か月前に学生フォーミュラの大会が行われたばかりなのですが、次年度のマシンの設計にはもう取り掛からなくてはならない時期、ということで、皆さん色々と斬新なアイデアを考えているところかと思います。我々も少しでもその助けになれば、ということで先週金曜日にInspireのトレーニングを東京オフィスで開催しました。先日の大会の応援に行った時に感じたのは、Inspireはすでにかなりの数のチームで活用されているな、ということです。アップライト、ベルクランク、ペダルといったところが代表的な部品で、直観では思いつかないような形状になっているのがとても興味深く感じられました。すぐに効果が出ますのでまずはこういう部品から始めるのが良いかと思います。しかし、使い慣れてきたらぜひ大物部品であるフレームにも展開していただきたい、と感じています。フレーム構造の最適化は、

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話, 学生フォーミュラ

解析よもやま話 【第19回:オープンかクローズか】

Posted by Ken Nakagawa on 2015/09/03 20:22:00

2015年8月18日にAltair JapanのFacebookへ投稿された記事の転載です。

アルテアの中川です。
今年はホンダからS660、マツダからロードスター、と新しいライトウェイトスポーツカーが発売されてスポーツカー好きの自分としてはとてもうれしく思っています。しかし、個人的に少し残念なのが両車ともオープンモデルしか無いところです。オープンエアモータリングの気持ち良さはよく分かるのですが、より軽量なクローズドボディを基本にして欲しかったと感じています。「軽くて強い」を仕事にしていることもあり、どうしても重さが気になってしまうのです。オープンカーにすると重くなる、というのは自分の中では当たり前のことだったのですが、先日飲み会でそう発言したら「えっ、屋根がないのにどうして?」と聞かれてしまい、どうやら当たり前ではないらしいことに気づきました。そこで今回はこれを題材にしてみたいと思います。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話

解析よもやま話 【第18回:高張力鋼で剛性向上?】

Posted by Ken Nakagawa on 2015/09/02 20:20:37

2015年5月11日にAltair JapanのFacebookへ投稿された記事の転載です。

こんにちは、Altairの中川です。
皆さんゴールデンウィークは楽しまれましたでしょうか。私は混んでいるところが嫌いなので、本を読んだりジョギングやサイクリングをしたりと、自宅周辺でのんびりしていました。そこで自動車雑誌を読んでいたら、相変わらずな間違った表現が使われており気になったのでちょっと一言。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話, 学生フォーミュラ

解析よもやま話 【第17回:ビーム要素に注意】

Posted by Ken Nakagawa on 2015/09/02 20:17:18

2015年3月11日にAltair JapanのFacebookへ投稿された記事の転載です。

こんにちは、Altairの中川です。
前回はCAE解析と関係ない駄文を書いてしまいましたので、今回はまじめ?!にCAE解析についてのお話にします。

先日弊社技術サポート宛に「ビーム要素で作成したモデルがシェル要素のモデルとまるで違う結果になるので調べてほしい」というお問い合わせがありました。図のように、C型の断面のビームを接続して柱の上下端を完全拘束、腕の端部に横方向荷重を掛けたのですが、図の左上のレジェンドを見ると分かるようにビーム要素の方がシェル要素より変形量が100倍以上大きくなってしまいます。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話, 学生フォーミュラ

解析よもやま話 【第16回:A bit behind the times】

Posted by Ken Nakagawa on 2015/09/02 20:14:30

 

2015年2月16日にAltair JapanのFacebookへ投稿された記事の転載です。

こんにちは、Altairの中川です。
弊社の複合材設計ソリューションセミナーの準備のため新しい投稿ができずにいたのですが、セミナーが無事終了しましたので、また少しずつですが雑文を書いていきたいと思います。
 
先日は、カーグラフィックに載っていた“A bit behind the times”という故小林彰太郎さんのコラムの題名がつい思い浮かんでしまう出来事がありました。
 

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話

解析よもやま話 【第15回:プロの世界もツールは同じ】

Posted by Ken Nakagawa on 2015/09/02 20:10:04

2014年10月18日にAltair JapanのFacebookへ投稿された記事の転載です。

こんにちは、Altairの中川です。
先日、録画しておいたF1日本グランプリをようやく見ました。雨でコンディションが悪く、最後はアクシデントもあってやや後味の悪い結果でしたが、相変わらずメルセデスの強さが際立つレースでした。私が若かったころはまさにセナ対プロスト対マンセルの時代で、中嶋悟の登場もあり日本中がF1ブームだったことを思い出すと、今は人気もいまいちな状態で残念です。来年はホンダが再登場、ということで人気が復活することに期待しています。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話, 学生フォーミュラ

解析よもやま話 【第14回:学生フォーミュラの見学に行ってきました】

Posted by Ken Nakagawa on 2015/09/02 19:36:52

2014年9月9日にAltair JapanのFacebookへ投稿された記事の転載です。

歳をとると時間がたつのが早いもので、前回行ったのはつい最近かと思ったらもう一年たっていたのでした。昨年と同じく日蔭の無い暑い会場で、しかも今年は前日(9/5)が大雨だったとのことで、参加者の皆さん本当にごくろうさまでした。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話, 学生フォーミュラ


Written by