ユーシンの自動車デッドロックピンのダイカスト鋳造シミュレーション

Posted by Altair Japan on 2017/09/04 0:13:05

 

「Click2Castのおかげで、時間とコストを大幅に節約できました。実機試験では5,000~10,000ユーロもの費用と3週間の時間がかかっていたところを、Click2Castのシミュレーションでは500~600ユーロと1日で終えることができました」
株式会社ユーシン CAE Manager & Senior Expert, Ahmed EL ABIDI

つづきを読む

Topics: 事例

学生フォーミュラ車両の新しいステアリングコラムマウント開発

Posted by Altair Japan on 2017/08/21 19:51:56


Image courtesy of ELBFLORACE

MICHAEL SÜß氏はドイツにあるドレスデン工科大学 (Technische Universität Dresden)の研究員であり、現在、電子ビーム積層造形の設計ガイドラインに関するPh.D.に取り組んでいる一方、接着技術、材料科学、および製造技術の分野における欧州トップレベルの研究機関フラウンホーファーIFAMとも協力して研究を行なっています。

つづきを読む

Topics: 学生フォーミュラ, 事例

ライオンの容器設計におけるCAE - 若手の育成とチームの業務遂行

Posted by Altair Japan on 2017/08/15 16:36:39

容器設計におけるCAE消費財の容器に注目したことはあるだろうか。多くの方は店頭での見栄えや、実際使用した際の使いやすさなどの面で何らかの感想を持っているだろう。だが、大手消費財メーカーがCAE(Computer Aided Engineering)を適用したデザイン開発でしのぎをけずっていることはご存知無いだろう。これまで、自動車や航空機などを筆頭に、製造業におけるCAEはかなり広範にわたって普及しているが、昨今消費財メーカーの容器分野へのCAE普及がすすんでおり、各消費財メーカーは実績を挙げつつも、ある課題に直面している。

つづきを読む

Topics: 事例

Auburn大学のフォーミュラSAE車両の複合材シャーシとモノコックのデザイン最適化

Posted by Altair Japan on 2017/08/08 23:54:25

フォーミュラSAEは学生が自ら構想、設計、製作したフォーミュラスタイルの小型レーシングカーを競争させる大会です。出場チームは大会に向けて約1年間、車両の設計、製作等の準備を行います。車検、静的審査(コスト・プレゼンテーション・デザイン)および動的検査(スキッドパッド・アクセラレーション・オートクロス・エンデュランス・燃費)の審査により、ものづくりの総合力を競います。

つづきを読む

Topics: 学生フォーミュラ, 事例

米フォーミュラSAEチームのホイール開発

Posted by Kotone Tsuji on 2017/06/20 16:00:00

カリフォルニア州立工科大学ポモナ校のフォーミュラSAEチームBronco Raceは、アルミホイールよりも剛性が高く、軽量なホイールシェルの開発に挑戦する炭素繊維ホイールシェルプロジェクトを2年前に始めました。同チームはプロジェクト開始以来AltairのHyperMesh、OptiStruct、およびHyperViewを使用し、以前よりもはるかに大きな複合材の設計作業を行なうことができるようになりました。

つづきを読む

Topics: 学生フォーミュラ, 事例

Wilson のゴルフクラブ デザインコンペ

Posted by Doug Thiel on 2017/06/07 19:37:03

Wilson ゴルフクラブ設計コンペ勝者

*この投稿はAltair ProductDesignのWilson Golfの事例、要約し翻訳しています

ゴルフ業界で革新を起こすべく、Wilson社はデザインコンペのためのテレビ番組を立案しました。Driver vs. Driverという名で知られるようになったこの番組は、Wilson社が次に製作するドライバーのデザインをコンペ形式で選ぶというものです。

つづきを読む

Topics: 事例

Renault社、積層造形で4気筒エンジンの重量を120kg削減

Posted by Altair Japan on 2017/05/15 6:05:00

この記事はENLIGHTEN に掲載された記事を、要約し翻訳しています

Renault Trucks社は、4気筒エンジンの性能を高めつつ重量を25%削減する可能性がある、金属3Dプリンティングを用いた製造プロセスの開発に取り組んでいます。

Renault Trucks社のLyon Powertrain Engineering部は、金属積層造形を次世代のエンジン製造法として重視しており、3Dプリンティングのみを用いてDTI 5 4- cylinder Euro-6 step Cエンジンを試作しました。

つづきを読む

Topics: 事例

TUfast Ecoチーム、CAEソフトウェアを活用し世界新記録を樹立

Posted by Altair Japan on 2017/04/20 22:17:48

TUfast Ecoチームの概要

ミュンヘン工科大学(Techinical University Munich)のTUfast Ecoチームは様々な専門分野の学生約30人が所属する車両開発チームです。同チームはエネルギー効率の良い車両の製作に特化し、毎年複数の大会に出場しています。

1. 軽量化への挑戦

TUfast Ecoチームは、学生が自ら構想、設計、開発、製造した車両のエネルギー効率を競う国際大会の一つであるシェルエコマラソンにチーム設立の2011年以来毎年出場しています。燃費の良い車両を開発するのに最も大事な要素の一つは重量であり、TUfast Ecoチームのメンバーは常に車両の軽量化を追求しています。

つづきを読む

Topics: 学生フォーミュラ, 事例

Philips社の戦略 - 設計を起点にしてイノベーションを起こす

Posted by Altair Japan on 2017/04/08 7:00:00

1891年にオランダで創業した ROYAL PHILIPS 社は、100か国以上に 10万5000人以上の従業員を擁する、世界屈指の電子機器メーカーです。ヘルステクノロジー市場のリーダーとして人々の健康増進に注力しており、健康的な生活、診断、治療、在宅医療など、広範な分野で事業を展開しています。Philips 社は、どの分野のどの製品の開発においても、最新のテクノロジー、設計、消費者インサイトを取り入れることを重要視しており、画像診断法、画像支援下治療、患者モニタリング、健康情報学、コンシューマーヘルス、在宅医療の市場も牽引しています。

つづきを読む

Topics: 事例

韓国気象庁、PBS ProfessionalとAcuSolveにより、電力消費量を抑えた革新的なスーパーコンピューター設備を実現

Posted by Altair Korea on 2017/02/14 2:00:30

韓国気象庁は、Altairとともに、ワークロード管理ソフトウェア「PBS Professional」を搭載したCray XC40システムによる空調システムの稼働シミュレーションを実施しました。CFDソルバー「AcuSolve」の解析結果に基づく試算では、KMA の電気料金は年間で最大 61,000ドルの削減、電力消費量は約3%減少が見込まれます。

つづきを読む

Topics: 事例


Written by