3Dデザインあれこれ【第8回:STLや3DスキャンデータのCAD化 - きれいな面を新規作成する方法】

Posted 09/05/18

アルテアの金です。

FEM解析や構造最適化計算結果、3Dスキャンデータなどを、なめらかな面のCADデータに変換する方法として、前編では「STLを直接編集する方法」を紹介しました。今回はすこし時間はかかりますが、「きれいな面を新規作成する」方法を解説します。

きれいな面を新規作成する場合、STLデータは参照するだけです。3Dモデリング・レンダリングソフトウェアEvolveの以下の機能を使えば、CADモデルへの作り直しを1、2日で行えます。

・中心軸にスナップして3Dカーブを描く
・PolyNURBS(STLをなぞる)
・リモデルのセオリー

順番にご説明します。

ブログで使用するデータをダウンロードする

 

1. 中心軸にスナップして3Dカーブを描く

ダウンロードした”Optimization.stl”ファイルを「Import for rendering / reconstruction」でインポートします。

中心軸にスナップsnapicon.jpg というスナップオプションを使いながらNURBSカーブを描きます。

NURBSカーブのコマンドを実行後、棒状部分にマウスを置くとスナップアイコンが表示されます。この表示があるときにNURBSカーブのポイントを配置していきます。

2018-07-25_16-12-00.jpg2018-07-25_17-15-10.jpg

断面形状を描き、パイプ2018-07-25_17-19-31.jpg というコマンドを使うことで複雑なビーム形状も短時間で作成できます。

2018-07-25_17-17-23.jpg2018-07-25_17-16-42.jpg2018-07-25_17-16-50.jpg

2. PolyNURBS(STLをなぞる)

ビーム形状はポリキューブというPolyNURBSプリミティブを、粘土のように引き伸ばしていくことで新規作成します。このPolyNURBSはAltair InspireのPolyNURBSと同じで、どちらのソフトウェアで作成しても同じジオメトリ情報をもっています。

動画をご覧いただきながら練習できるモデルbase.evoを用意しましたので、ご興味ある方はぜひトライしてみてください!

ブログで使用するデータをダウンロードする

図1.png図2.png

ブリッジの作成というボタンを利用してノードを作成します。

図3.png図4.png

3. リモデルのセオリー

STLをリモデルする上でいくつかセオリーがあると考えています。

もちろん設計や生産の制約と照らし合わせて考えなくてはいけないところですが、まだモデリングのルールが見えないときは是非このセオリーを参考にしていただければ幸いです。

テキスト7.jpg

操作動画をまとめましたのでぜひご覧ください。

※こちらの動画は右クリックでダウンロードすることができます。

YouTubeには動画が多数ございます。ぜひご覧ください!

Evolve 製品情報  Evolve の無償試用版

Topics: 3Dデザイン あれこれ


Woohee Kim

Written by Woohee Kim

Designer, solidThinking