Altair Universityの学生向け"学習用ウェビナーシリーズ2016"がキックオフ!

Posted by Altair Japan on 2016/01/27 22:18:27

学生であれば誰でも無料で参加できるウェブセミナーシリーズ(全6回)が始まりました。Inspire、OpriStruct、RADIOSS、Virtual Wind Tunnelなどの内容でお送りする今回のシリーズは、学生フォーミュラ、Baja、クリーンスノーモービルチャレンジに関わる学生に特に役立つ内容になっています。Registerからご登録いただいた方は、当日参加できなくても後日録画をご覧いただけます。

つづきを読む

Topics: 学生フォーミュラ

連載:3Dデザインあれこれ 【第1回:あえて一つの塊から作る】

Posted by Woohee Kim on 2015/12/10 15:49:11

*この記事は、2015年10月27日にFacebookへ掲載されたものを転載しています。

アルテアの金です。

今日からデザイナー向けソフトについての連載を始めさせていただきます。...
たまごのたまごのたまごなデザイナーである私が、幣社の3次元デザインソフトを使って、様々な3Dデザインにチャレンジし、そのプロセスをご紹介していこうと思っています。

つづきを読む

Topics: 3Dデザイン あれこれ

アルテア課外活動 - AFC編

Posted by Altair Japan on 2015/12/10 3:30:00

アルテアのサッカー好きが結成したチームAFC(アルテアフットサルクラブ)。11月14日(土)に行われたフットサルの試合結果を報告します。

つづきを読む

Topics: アルテア課外活動

連載:3Dデザインあれこれ 【第2回:出来すぎレンダー】

Posted by Woohee Kim on 2015/12/02 1:10:00

アルテアの金です。
デザイナー向けソフト『Evolve』を使って様々な3Dデザインにチャレンジし、そのプロセスを紹介しています!

今回デザインしたのはベネツィアングラスです。
モデリングで使ったコマンドは、[NURBSカーブ] と [回転体] と [パッチ] だけです。
グラスの部分、脚の部分、台の部分の3つのカーブを描いて、同一軸で回転をかけてできあがりです。
レンダリングは、デフォルトのClear Glassを選んで色を調整しただけで、光とかは何も設定せずに仕上げました。
ちなみに、こちらの2脚のグラスの画像は21秒でレンダリングできました!

つづきを読む

Topics: 3Dデザイン あれこれ

2015 PBS User Group レポート

Posted by Tsuyoshi Kitamura on 2015/10/27 3:30:00
 

9月15日~16日の日程で米国で開催されたPBS Works User Group(以下、PBSUG)に参加しましたので紹介します。

開催場所はシリコンバレーと呼ばれる、サンフランシスコの南、Google本社で有名なマウンテンビューにあるコンピュータ歴史博物館のカンファレンスルームでした。さすがはGoogle本社の近くということもあり、Google Mapを撮影する車を頻繁に目にしました。

つづきを読む

ボトル解析の自動化

Posted by Takashi Watabe on 2015/10/26 3:30:00

*こちらの記事は、Altair Universityに掲載された記事を当ブログ用に加筆、編集したものです。

Altairは、包装容器の解析において最も実績のあるCAEソフトウェアメーカーのひとつです。

ユニリーバ、P&Gをはじめ国内の消費財メーカ、飲料水メーカや化粧品会社で、総合CAEソフトウェアのHyperWorksや3DデザインソフトのEvolveが幅広く利用されています。パッケージ開発においてどのような課題があり、解析によってどのようなことが可能かについて長年の経験があります。CAEソフトウェア会社でありながら、包装容器開発の言葉を理解し、的確なサポートを提供します。

つづきを読む

Cray社とAltair RADIOSS 14による衝突試験での新たな成果

Posted by Eric Lequiniou on 2015/10/22 2:30:00

*本記事は、米国本社のブログ『Innovation Intelligence』の投稿文を翻訳したものです。

CrayとAltairの両社は数十年にわたってHPCシミュレーションおよびコンピュテーションの分野を牽引してきました。この度、共同研究の最新の結果が公開されたことを受け、RADIOSSの衝突試験の新たなベンチマークを発表できることになりました。数千万要素のモデルを数万コアで計算した本プロジェクトの詳細を、以下にご紹介します。10月27日のライブWebディスカッションにもぜひご参加ください。

つづきを読む

Topics: Innovation Intelligence Global

解析よもやま話 【第20回:学生フォーミュラマシンのさらなる軽量化】

Posted by Ken Nakagawa on 2015/10/19 15:00:00

 

アルテアの中川です。

今回は学生フォーミュラの方々向けに特化した内容です。

ほんの1か月前に学生フォーミュラの大会が行われたばかりなのですが、次年度のマシンの設計にはもう取り掛からなくてはならない時期、ということで、皆さん色々と斬新なアイデアを考えているところかと思います。我々も少しでもその助けになれば、ということで先週金曜日にInspireのトレーニングを東京オフィスで開催しました。先日の大会の応援に行った時に感じたのは、Inspireはすでにかなりの数のチームで活用されているな、ということです。アップライト、ベルクランク、ペダルといったところが代表的な部品で、直観では思いつかないような形状になっているのがとても興味深く感じられました。すぐに効果が出ますのでまずはこういう部品から始めるのが良いかと思います。しかし、使い慣れてきたらぜひ大物部品であるフレームにも展開していただきたい、と感じています。フレーム構造の最適化は、

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話, 学生フォーミュラ

Thought Leader Thursday: CAEとFEAは同じなのか?

Posted by Bob Yancey on 2015/09/07 21:02:00

*本記事は、米国本社のブログ『Innovation Intelligence』の投稿文を翻訳したものです。
*『Thought Leader Thursday』は、Altairの各分野のリーダーが毎週木曜日に『Innovation Intelligence』に投稿している、記事シリーズです。

 

工学の分野ではよく、CAE(コンピュータ支援エンジニアリング)とFEA(有限要素解析)はほとんど同じ意味で使われています。CAE業界の市場レポートは一般的に、計算流体力学(CFD)やマルチボディダイナミクス(MBD)ソフトウェアを含む、FEAソフトウェアを提供する企業を分析対象としていますし、通常CAEと言えば、形状を小さな”塊”に離散化し、大きなパーツ、要素、またはシステムの性能を予測する高度な計算を実行するソフトウェアを意味しています。

つづきを読む

Topics: Innovation Intelligence Global, Thought Leaders

解析よもやま話 【第19回:オープンかクローズか】

Posted by Ken Nakagawa on 2015/09/03 20:22:00

2015年8月18日にAltair JapanのFacebookへ投稿された記事の転載です。

アルテアの中川です。
今年はホンダからS660、マツダからロードスター、と新しいライトウェイトスポーツカーが発売されてスポーツカー好きの自分としてはとてもうれしく思っています。しかし、個人的に少し残念なのが両車ともオープンモデルしか無いところです。オープンエアモータリングの気持ち良さはよく分かるのですが、より軽量なクローズドボディを基本にして欲しかったと感じています。「軽くて強い」を仕事にしていることもあり、どうしても重さが気になってしまうのです。オープンカーにすると重くなる、というのは自分の中では当たり前のことだったのですが、先日飲み会でそう発言したら「えっ、屋根がないのにどうして?」と聞かれてしまい、どうやら当たり前ではないらしいことに気づきました。そこで今回はこれを題材にしてみたいと思います。

つづきを読む

Topics: 解析よもやま話


Written by