fekoum_image.png

昨年7月に開催したFEKOユーザーミーティングに続き、本ユーザーミーティングでは、FEKOの概要、最新バージョン14.0の機能、事例の紹介などを行います。Altairの電磁界ソリューションは、高周波電磁界テクノロジーFEKO®に加え、2016年、電波伝搬と無線ネットワークプランニングのためのソフトウェアWinProp™および低周波電磁界 / 熱シミュレーションソフトウェアFluxを買収し、ますます拡充しています。FEKOのユーザー様はもちろん、新たに電磁波解析の導入を検討されているHyperWorksユーザー様も奮ってご参加ください。

なお、当日は「ATCx 音響・振動ソリューションセミナー」および「PBS Works User Group 2016」を同会場で開催しております。セミナー間の移動は自由にしていただけます。お申し込みはいずれかのセミナーに1回で構いません。

日時: 2016年9月16日(金)13:00-17:00
会場:

コングレスクエア日本橋
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル2階

参加対象:

Altair製品ユーザー、プロスペクトカスタマー、報道関係者

主催: アルテアエンジニアリング株式会社
参加費: 無料
※途中入場、途中退出可
※資料の配布・ウェブ掲載は予定しておりません
※都合により、参加をご遠慮いただく場合がございますので予めご了承ください

 

タイムテーブル

12:00-

受付開始
受付後はぜひ3階の協賛社様による展示ブースにお立ち寄りください。

13:00 - 13:30

Altair電磁場製品(FEKO / WinProp / Flux)の概要

第1技術部 テクニカルディレクタ
芝野 真次

Altairの電磁場製品は「FEKO」(高周波電磁場 / 電磁波解析) 、「WinProp」(電磁波伝播解析)、「Flux」(低周波電磁場解析)と多岐にわたる状況になりました。これら製品の概要、その応用範囲、今後の弊社の電磁場解析戦略をお話します。

13:30 - 14:00

FEKO 14.0の新機能と利点

第1技術部 アプリケーションスペシャリスト
チャヨノ リドー

本年リリースしたFEKO 14.0では、多くの機能を新たに付加しています。バージョン13.0から付加あるいは強化された機能を紹介します。

14:00 - 14:30

スクリプト機能(FEKO 14.0デモ)

第1技術部 アプリケーションスペシャリスト
チャヨノ リドー

FEKO 14.0の最大の新機能はスクリプトの記録機能です。これによりユーザは、エクセルマクロの記録同様、スクリプト記録開始後の作業をすべてスクリプトとして記録し、記録後はそのスクリプトを用いて定例作業を自動で実施できるようになりました。本セッションでは、その機能を実演とともに解説します。

14:30 - 15:00 休憩
15:00 - 16:00

Altairの新たな電磁場関連ソフトウェア「Flux」と「WinProp」

第1技術部 テクニカルディレクタ
芝野 真次

本年度新たにAltairの電磁場製品に加わりました「WinProp」および「Flux」について、詳細をご紹介します。

16:00 - 16:30

メタマテリアルアンテナの解析事例

防衛大学校 電気電子工学
准教授 道下 尚文 様

メタマテリアルはアンテナの小形・高機能化の一手法としての応用が期待されている。近年では、右手 / 左手系複合伝送線路理論により、従来にはない特性を有するアンテナの実現が可能となってきている。本講演では、FEKOによるメタマテリアルアンテナの実用設計法を解説し、広帯域漏れ波アンテナ、アンテナ間相互結合抑制素子などの解析事例を紹介する。

16:30 - 17:00

海外最新適応事例

第1技術部 アプリケーションスペシャリスト
チャヨノ リドー

弊社海外拠点でのFEKO適用事例をご紹介します。具体的な事例が解析されたい課題へのアプローチとなれば幸いです。

【お問い合わせ】
アルテアエンジニアリング株式会社
マーケティング
03-5396-1341
marketing@altairjp.co.jp